タイムマシン

自宅から徒歩10分位のところに、そのタイムマシンはあります。

ずっと気になってはいましたが、なかなか中に踏み込むことが出来ずにいました。

こちらに引っ越してきて4年。

タイムマシンが行方不明になってしまわないうちにと、先日ついに乗船。

 

携帯電話、パソコン使用禁止。使う気にはなりませんが。

その異空間ぶりと清らかで上品な船長のガイドで、

確実に行方不明になれます。

 

人間には 行方不明の時間が必要です

とは、私の心の母の言葉。

彼女の本を携え、また行方不明になりにいきます。

unnamed

新商品はこちらhttp://greenfloat-mineral.net 

 

 

子供だけのものにしておくのはもったいない! わくわくする絵本”石の卵”を見つけました。

表紙の大きな卵?をよく見ると中央左下、巻貝がひっついていた痕跡が見られます。

 

~セプタリアン Septarian~

初めてセプタリンを見た時、”これは何かの卵かな?”とほんとに思いました。

それぞれに表情が違いユニークです。

 

何千万年も前の海の底でまるくなり、長い年月をかけて育つそうです。

卵がひび割れその隙間に、カルサイトやアラゴナイト、バーライトなどの鉱物が入り込み

個性的な模様が生まれます。

この絵本の中に、ニュージーランドの海岸にゴロゴロと転がっている卵の写真があります。

大きいものは大人くらいあり、観光地として有名なのだそうです。

 

”なんと!!!!”

 

他にサンダーエッグ、インペリアルジャスパーが紹介されています。

 

石の卵