観覧車

 

いつのころからか、自宅から半径10km以上離れた場所も自転車圏内となりました。

梅雨がやってくるまえの日照時間の長いこの季節に、

以前から気になっていた、独自の雰囲気を放つ場所に近づいてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有刺鉄線で囲われている国有地のため、中に入ることが禁止されているのですが、

棘越しに見える、大きな観覧車ふたつ……いいえ巨大なパラボラアンテナふたつ。

 

 

どれくらいの時間が経過したのかは調べればわかる事ですが、

敷地内の建物には、びっしりと蔦がからまり、

恐ろしさと美しさが混在する、得体の知れない雰囲気を醸しだしているのでした。

 

入場禁止のテーマパーク?

テーマパークはタイムレス。

 

時間軸がわからなくなってしまったかのような不思議な雰囲気があります。

 

 

 

 

小箱はキャンバス

 

常連のお客さんよりリクエストをいただきました♪

 

“みなさん!石の収納、保存どうしてますか? ”

 

 

もしかしたら、きっと、はじまりはひとつの小さな石….?

 

多分みなさん、小さかったですよね?

 

そしてじわじわと数が増え、ちょっとおおきい石も….

 

 

なるべくならいつも眺められような場所に置いておきたいので、

 

このような入れものを用意してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側は古道具やさんで見つけた木の箱、右側は無印良品のアクリルの箱です

石はそれぞれ大きさも違い、その時の気分もありますから、選択に迷いますが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクリルボックスは前面、後面ともスライド式で出し入れができます。

ボックスをどんどん増やして並べていくのも楽しいかもしれません。

木の箱は、高さがあるので大きい石を入れるのにいいですし、

古道具の良さと、選択した石とのバランスで、いろいろな雰囲気を作り出せますね。

箱の下に、砂をいれると石がよく際立ちます。

ホームセンターなどで買ってもいいですが、どこかの浜辺からわけてもらうのも

いいかもしれません♪

 

今回紹介させてもらった箱以外にも、まだまだディスプレイの仕方で、

鉱物コレクションが楽しく、活き活きとしてくることでしょう。

それはまたの機会に….

 

参考になりましたでしょうか….

 

GW

 

あたたかいというだけで開放感がこんなにもあるのですね♪

みなさま楽しいお休みを過ごされてますでしょうか

 

歩いて数分の距離に小さなパン屋さんができました

主食でもあるパン

生きていくのには長いおつきあいとなるパン

 

一時期ホームベーカリーで焼いてみたこともありましたが

やっぱり本職さんにはかないません

 

そして自分たちで作ったパンをいきもののようにあつかいます

 

好きなんですね~

 

誰にでも好きなもの、好きなこと、こだわっていること、やめられないこと…..

その人の内面にある扉が少し開いたりすると

自分の内面にも何か変化があらわれ、なんだかほっとしたりするのでした

 

 

久しぶりに鉄隕石、ペンダントをアップしました♪

お楽しみくださいませ♪